アイデアホイホイ〜3分のヒマつぶし

入れて出す、3分間・・・アイデアを、だよ?

今まで付き合ったことない、だから恋愛に自信がない

[caption id="attachment_2041" align="aligncenter" width="500"]付き合ったことないから自信ない 「なんでだってハートは作れるさ」[/caption]

【概要】小さい頃、自信なんて考えなかった。
【引用】アイデアホイホイいつも読ませていただいてます。(中略) 千石さん、私は今度二十歳になるのですが、未だかつて彼ができたことがありません。 太っているし(痩せよう痩せようと思っていますが…続かないダイエット)、女と思ってもらえない気がして。 恋愛に対して自信がありません。どうしたら恋できるんでしょうか。(後略) 【出典】匿名希望さんからのメール

相談、ありがとうございます。千石改めまして、高瀬です。

■ 恋愛の自信

「付き合ったことないから自信もてない」 んで、 「自信がもてないから人と付き合えない」 んでやっぱり、 「人と付き合えないから自信もてない」

「私…恋愛できないのよスパイラル」の一つがこれだと思うのですが、めちゃくちゃ気持が判ります。

「背が小さい…男に思ってもらえない(自信ない)」 んで、 「男に思ってもらえないから彼女できない」 んでやっぱり、 「背が小さいせいだ、付き合えないのは…」

コンプレックスにより自信がもてなくて恋愛にふみきれない…というのもめちゃくちゃ気持が判ります。

自信って、どうやってつくんですかね。 いや、しかしそもそも自信がないと何もできないんでしょうか?

■ 自信は恋愛の必須条件…でもない

よくよくつきつめて考えてみると、誰しも何をするときも「初めて」ってありますよね。

初めて恋をする。 初めて告白する。 初めて…。

恋に関係なくても、

初めて立つ。 初めて歩く。…

初めてやるときって、自信があるからできるんでしょうか。 自信があるから初めての行動を起こすんでしょうか。 どうも、そればっかりではない気がします。

とくに赤ちゃんは、別に自信があるから初めての寝返りに挑戦しようとしているわけではなさそうです。初めてハイハイ、初めてつかまり立ち、初めてつたい歩きをやってみる…そのどれもが、自信があるからではないでしょう。

昔、僕たちは、初めて何かをやるのに自信なんていらなかったんですね。 でも、見栄とか恥ずかしさとかがあって、僕はなかなか好きな相手に告白ができませんでした。

どうしたら、恋する行動が起こせるのでしょうかね。

■ 恋する行動の源

ありのままでいいんだよ!』という素敵な本があるのですが、その本で羽林由鶴さんはこんな話をしてくれています。

【引用】その勇気を手助けするのは好奇心(興味と関心)じゃないかな 人間は生まれたばかりの赤ちゃんが立ち上がるときから そうなってる そうできてる 立ち上がるのに必要なのは自信じゃなく いっぱいの好奇心とほんの少しの勇気 【出典】主婦の友社ありのままでいいんだよ!』P17 著:羽林由鶴

確かにそう思います。 うちの赤ん坊は、机につかまりヒョイと顔を出して、その上にあるものを見つけては、 ほーーー♪ と喜んでいます。

赤ちゃんが立ち上がるのは、机の上に乗っているものを見たいから、高い位置から見れば視界が変わるのが楽しいから…というような気がいたします。 僕らは大人なので、どうしても行動の先にあるリスクを見てしまいます。 危険を予測する能力、もしくは安全を確保する能力が発達したからなのですが、「初めての行動を起こす」ということに関しては、大人になって育ったこの力が「おびえる」方向に働いてしまうのでしょう。 そして行動を起こさないことを正当化するために、「自信がない」という便利な言葉を僕は使っているのだろうな…。反省。

自信は特に必要ないのでしょう。 恋に対するいっぱいのワクワク、そしてほんの少しの勇気、それが「恋する行動の源」のようです。

■ いつのまにか恋する自信もついてくる?

恋へのワクワク、そして少しの勇気で行動を起こしていく。そうして獲得できるのが、恋する自信のような気がします。

恋する自信とは、「自分は恋してもいいんだ、と信じる心」でしょう。 俺なんかが、あんな人を好きになっちゃいけない…そう思う心の逆ですね。

【引用】自信は成功したときに身につくんじゃなくて たとえ失敗しても 今までできなかったことにチャレンジできたら 自信にしていいんだよ 【出典】主婦の友社ありのままでいいんだよ!』P16 著:羽林由鶴

「よし!告白する!!」 そう思えたなら応援しますが、 「いきなり告白なんてできない…」 無理をする必要はありません。そう、無理する必要はきっとない。

起こす行動は小さくていいのだと思います。 異性の友だちとお茶する。合コンに参加してみる。 挨拶するだけでもいいかもしれない。

「ユズさん」こと羽林由鶴さんの言うとおり、できなかったことができたら、それがどんなに小さくても自分をほめてあげてください。 チャレンジできたことを、ほめてあげてください。 ユズさんの本はオススメ。 なんだか、心が落ち着きます。

質問、ありがとうございました。何かあなたのお役に立つことが一つでもあればいいのですが。

長い文章最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。 あなたによきことが雪崩のごとくおきますように。

写真 by:YannGar Photo in Lausanne