アイデアホイホイ〜3分のヒマつぶし

入れて出す、3分間・・・アイデアを、だよ?

あなた(女性)に男が話しかけてくるとき

あなた(女性)に男が話しかけてくるとき

【概要】女性は会話の中に「共感」があればいいが、男性は会話の中に「目的」がないと耐えられない。男性が女性に話しかけてくるときも例外ではなく、その「目的」は「女性」そのものである。

嘘だぁぁぁ!そればっかりじゃないでしょ!! と言いたいのですが、どうなのかな。

前半は妙に納得がいくのですが、後半はね…。 男の高瀬としては、女性に話しかけにくくなってしまう情報でござります。

ま、今回も極論ですので、あなたも参考程度にしてください。

■ 女性の会話。男性の会話。

嫁「今日さ、こんなことがあったの!聞いてよ!!」 高「はいはい、どうされましたか?」 … 嫁「というわけなのよ!もうっ!!信じられない。」 高「それじゃ、これからはこうしていけば?」 … 嫁「そりゃそうだけど!それは正論だけども!!そうすればいいのはわかっているわよ!!もうっ!」

嫁からグチを聞いて、その簡単な解決策を提示したのですが、当たり前すぎて腹が立ったみたいです。 でも、本当はそこで腹が立ったんじゃないみたい。

ただ、嫁はきっと、

高「うわぁ…それは怒るよね。イライラしても当然だわ。」

と共感して欲しかっただけ。 この会話は典型的な食い違いですね。女と男の。

嫁は相談しているわけではなく、ただ聞いてほしいだけ。 一方、高瀬の方は「何か解決してほしいのだな。その目的で話しているのだな」と聞いているので、解決策を提示してしまう。

「うんうん。うわぁ…そうだったんだ。」と相づちを打っているだけの方が、よっぽど彼女のストレスを解消してあげられたに違いありません。

【引用】「うん」 つらかったろうなあ くるしかったろうなあ うん うん だれにもわかってもらえずになあ どんなにか つらかったろう うん うん 泣くにも泣けず つらかったろう くるしかったろう うん うん みつを 【出典】ダイヤモンド社いのちいっぱい[軽装版]』P65-64 著:相田みつを

女性は会話に「共感」してほしい。 男性は会話に「目的」を求めてしまう。

この『男性は会話に「目的」を求めてしまう。』ということを前提に極論を展開すると、次のようになるのですね。

■ 男が話しかけてくるとき

【引用】男は、何か目的がないと時間とエネルギーを使いたいとは思わないのです。ひとりの女性を目の前にして、特別何も欲しいと思わないなら、その女性とわざわざ話をしたりしません。 【出典】中経出版世界中の女性が幸せをつかんだ魔法の恋愛書』P78 著:スティーブ・ハーベイ 訳:クレア&イチロー

建設的な時間を過ごせないと、イライラしてくる… 何も生み出していない時間というのが耐えられない… そういうときがあります。

何かと「目的」を求めてしまうようなところが男にある…と言われれば納得します。

そんな「目的」を求めてしまう男が、女性に話しかけるときの「目的」というのはなんなのか。

あなたと仲良くなりたいのです。 で、男が女と仲良くなりたい、その先にあるのが… と考えていくと、まぁそうなるのか。

ねぇ、男性陣。 女性に話しかけずらくなっちゃったよね?

これから高瀬は女性に話しかけるとき、

「体が目当てってわけじゃないよ。あのさ、この間の会議のことやけど…」 「あなたを抱きたいというわけではありませんけど、すみませんが、ゴミステーションの場所を教えていただけますか?」

とやるようにします。嘘。

これからも仲良く僕と話をしてください。 ありがとうございました。 あなたによきことが雪崩のごとくおきますように。