アイデアホイホイ〜3分のヒマつぶし

入れて出す、3分間・・・アイデアを、だよ?

クリエイティブな才能のありか?

■ クリエイティブな人とは

「クリエイティブに?そんなのなれっこないよ!」 僕がこう考えてしまっていたのにも原因がありました。 クリエイティブな人とは、そのままでいうと創造的な人なんですが、これでは曖昧すぎて判らないのです。 判らないものにはなれないし、真似すらできません。 それでもクリエイティブな人間になりたーい! そんなとき、クリエイティブな才能っていうものをスパンっと言い表してくれたフレーズに出会いました。 これなら真似できるかもしれません。

■ 今日のアイデアフレーズ

【引用】大切なのは、まったくの無から有を生み出せるとは思わないこと、常にどこかにヒントを求め、情報の組み合わせとしてアイデアを考えようとすることです。 クリエイティブな才能というのは、その組み合わせ方のセンスや、他の人が目を向けていない意外なところから情報を取ってくる力にかかっていると思います。 【出典】生活人新書『脳が冴える15の習慣』 著:築山節

■ クリエイティブな人になるには

「アイデアは既存の要素の組み合わせ以外の何ものでもない」 でしたっけ。ジェームス・W・ヤングさんの言葉です。 組み合わせるものが何もないなら、どれだけ情熱があってもアイデアは生まれません。 また、変な要素、材料、ネタを持っている方が、人とは違うアイデアを生み出せるでしょう。 クリエイティブになるのも小さいシンプルなことを日々心がけるだけかもしれない。 そのシンプルなことというのは、

広いジャンルの情報をコツコツためること

です。

■ 混沌を内に持つ

クリエイティブさというのは、なかなかつかみきれない混沌としたもののように感じていましたが、やっていることは実は単純。 ただクリエイティブな人が今まで積み重ねてきた経験やら情報が複雑に絡み合っているもんで、その混沌さが目についていただけなんですね。 この混沌さというのは誰にでも持てるものです。 集める情報、知識を変えればいいだけであるし、 何より自分が経験するものは自分だけしか持っていないもの。 そして膨大です。 もうすでにあなたの中にあるのかもしれませんね。 混沌としたクリエイティブの種なんてものは。 今日もありがとうございました。