アイデアホイホイ〜3分のヒマつぶし

入れて出す、3分間・・・アイデアを、だよ?

間接的デス・バイ・アマゾン

★ 嫁のビックリカミングアウト

このたび、ものすごくセクシーではない事実が発覚した。
嫁の一言である。


「あなた、知ってるんだからね。アマゾンで何を買っているか」

つまり、

みんなみ~んな値段から色からどこに届いたか、全部バレてるってこと!?

「買ったらね、通知が届くの。私の携帯に。ごめんね。だから知ってるの。」

…よくよく考えると、同じアカウント使っているから当たり前といえば当たり前。
ただ、セクシー☆坊主のガラケーに通知が届かなくて、嫁様のスマホに通知が届くとはどういうことか?

スマホびいきか、ガラケー外しか。

何にしても、嫁に筒抜けのアマゾン買い
これからは気をつけなければ。

特に成人が購入するようなものも気をつけよう。
「男のサプリ!」も気をつけよう。夜のセクシーな生活にどんだけ賭けているかバレてしまう。
値段がバレたくないプレゼントも気をつけよう。
特に下着のプレゼントは控えよう。夜のセクシーにどんだけかかっているかバレてしまう。
安眠のために買おうと思っていたアイマスクを買うのをやめよう。どんなセクシーも求めてんねん!?と疑われてしまう。

で、アマゾンで買わず、蔦屋書店でわざわざ購入したのがこれだ。
妻のトリセツ

内容でなく題名だけみられたら、

「何?私をコントロールしようとしてるわけ?」

なんて勘ぐられてしまう。

は!?どうしよう…そんなことより閲覧履歴も当然つつぬけ…
同じアカウントなんだから当たり前か…

ああああああ、

「あなた、こういうのが好みなの…ふ~ん」

冷ややかな視線が鬼のように刺さってくる。想像の嫁様なのに。
ち、ちがうアカウントが、ほしい。

セクシー☆坊主…間接的「デス・バイ・アマゾン」である。

ばいちゃ☆