アイデアホイホイ〜3分のヒマつぶし

入れて出す、3分間・・・アイデアを、だよ?

人生を開花させる魔法の言葉『○○○○』

人生を開花させる魔法の言葉『○○○○』

この度、父と母のガンが同じタイミングで再発しました。
お医者さんからは、

「正直、抗がん剤治療は手詰まり…なんです」

まぁ、落ち込みましてね。
お見舞い、付き添い、そんな塞ぎ込む気持ちをそっと救っていただいた本がありましたので、紹介します。

この言葉が口癖になれば、人生を開花させていけると思う。

■ 人生を開花させるために「がんばる」…ことはない

「『人生を開花させる』なんてデカい話、相当がんばらないといけないんでしょ?」

そんなことはないんです。
ガンになっても、なってなくても、悩んでても、淡々と生活していても、これ以上がんばる必要なんてありません。

【引用】人ってね。
誰でも、今がんばってるの。(中略)

あなたは、もうすでにがんばってる。
もう、これ以上、努力と根性でがんばることって、ないの。


【出典】株式会社PHP研究所『「気前よく」の奇跡』P26,27 著:斎藤一人 2019年4月3日 第1版第1刷発行

人生を開花していくのに『努力』と『根性』は必要ない。
もう十分がんばっているから。

「じゃあどうすればいいの?」

言葉をつけ足すだけです。
変えるってより、ちょっとつけ足す。

人生を開花させる魔法の言葉を。

■ 人生を開花させる魔法の言葉

【引用】やるとしたら"ちょっとだけ"。

ふだん自分がやっていることに、
「気前よく」
という言葉をつけ足してみてください。

日ごろの、自分の生活を何もかえないで、
「気前よく○○する」とか、
日常のことをしている自分自身に、
「気前がいい」とか。


【出典】株式会社PHP研究所『「気前よく」の奇跡』P27,28 著:斎藤一人 2019年4月3日 第1版第1刷発行

人生を開花させる魔法の言葉とは、

「気前よく」

です。

「気前よく」を気づいたときに言ってみる。つけ加えてみる。

【引用】「気前よく」と言うと、やってみたら、みんなも、わかるけどね、
気分がいいんだよ。
「気前のいい心」になっちゃう。


【出典】株式会社PHP研究所『「気前よく」の奇跡』P56 著:斎藤一人 2019年4月3日 第1版第1刷発行

「さ、気前よく実家に帰るか!」
「よし、気前よく怒られてくるか!」
「気前よく宿題やっちまうか!」
「気前よく宿題サボっちまうか!」
「気前よく宿題、闇に葬り去ってしまうか!」
「気前よく…」

なんでも「気前よく」を付けてしまう。
普段「気前よく」なさそうに思える行動でもつけちゃう。

すると不思議や不思議。なんだか気持ちが前を向くんですよね。
前に出るって方が合ってるかな。

一歩、出そうなくらい。

■ ゆるせないあの人のこと

ムカつく人、いますか?
あのゆるせない人です。

もし、いるとしたら…

【引用】あの人、こうだったらいいのに。
なんで、こうしてくれないんだろうって
気前がよくないことを、つい考える自分。
そんな自分も「気前よく」ゆるす。


【出典】株式会社PHP研究所『「気前よく」の奇跡』P89 著:斎藤一人 2019年4月3日 第1版第1刷発行

ゆるせない人を「気前よく」ゆるすんじゃなくて、ゆるせない自分を「気前よく」ゆるしちゃう。

「マジムカつく、気前よくムカつく!よし私、今日という今日も、気前よくムカついてやる!!私、気前よくムカついてよしっ!」

笑けてくるでしょ。
「気前よく」っていう自分の言葉に「ふっ」って笑った瞬間、心がフッと軽くなるんです。

「『気前よく』ってそれ、ぜんっぜん気前よくないやん!」
つってね。

【引用】「気前よく」
「気前がいい」
という言葉はね、
あなたが持っているお金やモノを誰かにあげたり、
そういうことを「気前がいい」と
言うんじゃないんだよ。

たとえば、今日は「気前よく」納豆定食を食べよう、とか、
「気前よく」をつけたのと、
つけないのとでは気分が全然、違うじゃない?

そう、気分なんだよ。気分の問題なの。

「気前よく」とか
「気前がいい」というのはね、
言うと同時に、
「気」が前に出る魔法の言葉なんだよ。

「気」が前に出ると人生の扉が開く。
あなたの人生が開花する。


【出典】株式会社PHP研究所『「気前よく」の奇跡』P91-92 著:斎藤一人 2019年4月3日 第1版第1刷発行

■ さ、今の積み重ねで人生を開花させよう

今しかないんですよね。
その今が積み重なって未来ができあがっていく。

過去もそう。
今の気持ち、心が、自分の人生がどうだったかを決めていく。

オセロみたいに、白をポチって置くとパタパタパタって白になっていく感じ。

【引用】ケチケチするときは、
「気前よく」ケチっとくか、って。

そんなことを言っている自分が、
なんだか面白くて笑っちゃうんだよ。
「気」が前に出るの。

いま「気」が前に出た、
いま「気」が前に出た、
「気」が前に出た瞬間を、
日々、積み重ねてできてくるのが
「気前のいい人生」なんだよ。


【出典】株式会社PHP研究所『「気前よく」の奇跡』P164-165 著:斎藤一人 2019年4月3日 第1版第1刷発行

ポジティブもネガティブも「気前よく」生きていきませんか。
何も変える必要はなく、ちょこっと「気前よく」をつけ足して言ってみるだけ。
それだけで人生が開花していくって楽しくてしかたないですよ。

損はしないしね。やってみません?「気前よく」♪

長い文章にお付き合いいただきありがとうございました。
次の更新はいつか分かりません。気前よく次回も書きますから、愉しみに待っていてください。

ということで↓↓↓↓