アイデアホイホイ〜3分のヒマつぶし

入れて出す、3分間・・・アイデアを、だよ?

「拡散しよ!」人がシェアするときの5つの動機

シェア、流行ってますよね。

「そうそう、俺も奥さんたちに体、シェアされたいんよ!」

ちがっ。本音やろうけど違う。
どっちかっていうとSNSのシェアの話ね。

「あ、みんなに伝えなくっちゃ!リツイートしよっと♪」
人はどんなときに拡散したくなり、シェアするのでしょう。

それが分かると、コンテンツを創る側は、シェアを狙っていけるんじゃないか?
なんてことをもくろんでおるわけでございます♪

■ シェアするときの脳

人がシェアしたくなるときの脳の働きが報告されています。


【引用】読者がシェアしたくなるようなコンテンツを見たり聞いたりした際には、“側頭頭頂接合部”と呼ばれる部位の活動が高まった


【出典】株式会社エムディエヌコーポレーション『SNSでシェアされるコンテンツの作り方(Kindle版)』P10 2018年3月20日 著:清水将之
【出典】Serch Engine Watch「The science behind shareable content


いやぁ側頭頭頂接合部ね。
このあれでしょ。頭ってか脳の横あたりにあるけど、てっぺんとことくっついているような、あの、側頭頭頂接合部だよね。

ごめん。分かんない。そこがどうしたって?


【引用】側頭頭頂接合部は「自他の区別」や「他者の心の状態を推測する」という役割を担っていると考えられています。


つまり、自分ではなく、ほかの人がコンテンツを楽しむだろうと考えたときに、人はシェアをしたくなるという人間の特性が理解できます。


【出典】株式会社エムディエヌコーポレーション『SNSでシェアされるコンテンツの作り方(Kindle版)』P11 2018年3月20日 著:清水将之
【出典】Serch Engine Watch「The science behind shareable content

そう、そうでした。
側頭頭頂接合部ってそういうところあるよね。

結構サービス精神旺盛なんですね、人間って。脳って。
思い当たるフシありません。

「これお得情報やから教えてあげなきゃ♪」
「この動画おもしれぇ。あいつも笑わしたろ」

こう感じるから人はシェアするんですね。
さて、さらに拡散したくなる動機、シェアしたくなる動機を考えていきましょう。
紹介されている動機は5つです。

1つ目。

■ 人がシェアを行う動機1/5

【引用】<シェアを行う5つの動機>
①他人を楽しませる要素があり、高い価値が認められている
 94%の読者は他者に役立つと考えた情報をシェアしています。


【出典】株式会社エムディエヌコーポレーション『SNSでシェアされるコンテンツの作り方(Kindle版)』P11 2018年3月20日 著:清水将之
【出典】Serch Engine Watch「The science behind shareable content

ですよね。
楽しい、価値ある。

これはシェアしますよね。そりゃイヤミでもシェアしますわ。シェーですわ。
ただ、今の高瀬には難しいかな!!

次!2つ目。

■ 人がシェアを行う動機2/5

【引用】<シェアを行う5つの動機>
②他者の中から自分を際立たせる
 68%の読者は自分が他人によりよく見られるためにシェアしています


【出典】株式会社エムディエヌコーポレーション『SNSでシェアされるコンテンツの作り方(Kindle版)』P11 2018年3月20日 著:清水将之
【出典】Serch Engine Watch「The science behind shareable content

優越感を感じたい欲求ですよね。

「こういうことを知ってるなんてスゴいでしょ♪」

人と差別化させてあげられるようなコンテンツを提供すればシェアしてくれるってことですね。

ふむ。
アイデアホイホイを読んでるあなたは、かなりレアではあるんですけどね。

「え?そんなブログ、どうやって見つけたん!?」

的なね。優越感は提供できないわ。
…書いてて悲しくなってきた。はい、次!

■ 人がシェアを行う動機3/5

【引用】<シェアを行う5つの動機>
③個人的な関係構築に利用する
 73%の読者は同じ興味を持つ人との関係を築くためにシェアしています


【出典】株式会社エムディエヌコーポレーション『SNSでシェアされるコンテンツの作り方(Kindle版)』P11 2018年3月20日 著:清水将之
【出典】Serch Engine Watch「The science behind shareable content

「えぇ!?あなたもアイデアホイホイ読んでるの?」
「えっ?てことは君も?趣味あうね!」
「ねぇねぇねぇ、どの記事が好き?」
「いやぁ、3ヶ月前くらいの記事になるけど『あなたの「ひきだし」を増やす方法』かな?」
「あぁ、その路線なんだ。私は『悪意ある一言をフルカウンター(全反撃)する武器を入手した件』かな!」
「メリオダスがらみの記事でしょ?俺も好きぃ♪」
「付き合おっか?」
「え・・・、おう」

って、なるわけない。


■ 人がシェアを行う動機4/5

【引用】<シェアを行う5つの動機>
④自己実現
 69%の読者は世間とのより強いつながりを感じるためにシェアしています


【出典】株式会社エムディエヌコーポレーション『SNSでシェアされるコンテンツの作り方(Kindle版)』P11 2018年3月20日 著:清水将之
【出典】Serch Engine Watch「The science behind shareable content

インフルエンサーになれてる感じってこと?
強いつながりを感じるためにシェア?

よくわっかんないけど、アイデアホイホイの話題で繋がれたら、かなり強烈なつながりを感じられると思うよ。

レア×レア=ウルトラレア だからね。

…次で最後!


■ 人がシェアを行う動機5/5

【引用】<シェアを行う5つの動機>
⑤社会貢献
 84%の読者は社会問題の解決や優れた理念を支援するためにシェアしています


【出典】株式会社エムディエヌコーポレーション『SNSでシェアされるコンテンツの作り方(Kindle版)』P11 2018年3月20日 著:清水将之
【出典】Serch Engine Watch「The science behind shareable content

「アイデアホイホイって知ってる?」
「いや、知らんけど」
「この記事に触れてみてよ。悩みなんか吹っ飛ぶよ」
「え?マジで?そんなブログあんの」

ならんか。

「ある。アイデアホイホイはもうくだらなさがぶっ飛び過ぎて、俺の悩みが笑えてくる感じよ」

これなら目指せるかな。

■ シェアする動機を調べて

人がシェアしたくなる5つの動機について紹介しました。
悲報が2つ。

  • 1つ目は「シェアしていただく記事を書くのは難しそうだ。」
  • もう1つは「アイデアホイホイ自体、何かをシェアしたものにすぎない。」

2つ目の事実に泣きそうになっています。
カルピスを薄めてご提供するお店にはなれても、カルピス原液をつくり出す媒体にはなれていないアイデアホイホイです。

原液をつくり出したい。
目標ができました♪

ということで、アイデアホイホイ、これからも応援お願いします!

■ アイデアホイホイTwitterやってます!

フォローお願いしますっ!
↓↓↓↓